動画で見るメーター廻りの始動時の演出【MAZDA 3/LEXUS UX】

クルマのメーター類は、針を動かす機械的な仕組みから液晶によるディスプレィ化により、様々な表示が可能となりました。またダッシュパネルやインパネ上部などには、ナビやマルチインフォメーション用の大型ディスプレィが搭載され、さらにHUD(Head Up Display)の多機能化等により、これらはHMI(Human Man Interface)として重要な役割を果たすようになって来ています。そして昨今では、機能性の向上だけでなく演出にも凝ったものもが見受けられるようになりました。
これらは、エクステリアデザインやインテリアデザインと同様に、商品力を向上させる為の重要な要素となりつつあり、弊社ではこれらに関する情報は商品開発に於いて、必須アイテムではないかと思っております。

まずは、次の動画をご覧ください。これはMAZDA 3のメーターで、スタータースイッチをON → OFFまでの一連の動作を撮影したものです。

如何でしたでしょうか?カッコイイですよね。
次はLEXUS UXのメーターです。LEXUS UXはセンターディスプレーも連動してます。同様に動画をご覧下さい。

如何でしたでしょうか?MAZDA 3と違って少し未来的な感じでしょうか。
この他にも、BENZ Aクラスはメーター内に始動時フロントビューを表示したり、中国一汽奔謄T77はインパネ上にアバターが表示されるなど、色々なアイデアが出てきています。
 

この様にクルマのコンセプトやキャラクターの表現方法として、液晶ディスプレィによる動画演出が昨今効果的に使われています。
このような演出は、今後益々増加し、お客様にとって購入時の重要なアイテムの1つになるのではないでしょうか。そしてメーカー側においても、競合他車がどの様な表示や演出をしているか、気になる所ではないでしょうか。
しかしこれらの情報を収集するには、カタログやネットからでは十分な情報収集が困難なであり、実車による動作確認や、動画(含む動作音)撮影などが必要となります。
弊社では、今後これらメーター廻りを中心としたHMIに関するDATAベース化に、取り組んでいきたいと思っています。次回は、弊社の取り組むDATAベース化の詳細について、ご説明致します。
 
 
HMIのDATAベース化については「お問合わせする」をクリック、若しくはお電話にてお問合せ下さい。

お問合せする

  1. <
  2. >